Cordylus giganteus

Cordylus_giganteus - オオヨロイトカゲ

オオヨロイトカゲ(大鎧蜥蜴、Cordylus giganteus)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属に分類されるトカゲ。

分布
南アフリカ共和国北東部固有種

形態
最大全長40cm。ヨロイトカゲ属およびヨロイトカゲ科最大種(プレートトカゲ科をヨロイトカゲ科の亜科とした場合を除く)。種小名giganteusは「巨大な」の意。胴体背面は筋状の盛り上がり(キール)のある大型の棘状鱗(縦22-25列、横10-12列)で覆われる。また尾にはさらに大型の棘状鱗が環状に並ぶ。背面の色彩は黄色や暗褐色で不鮮明な暗色の斑紋が入る個体もいる。頭部や体側面、腹面の色彩は黄色。

左右の鼻板は接することはなく、そのため吻端板と上鼻板が接する。後頭部には4枚の棘状の鱗がある。大腿孔の数は左右に10-12個ずつ。

出産直後の幼体は全長11.5-15cm。幼体は背面に不規則な赤褐色、尾に黄色と黒の横縞や、赤やオレンジ色の斑紋が入る。

生態
平坦もしくは傾斜の緩やかな草原に生息する。長さ150-200cm、深さ40cmもの深い横穴を掘って生活する。日光浴を非常に好み、日光浴の時は太陽へ向かい四肢を広げて頸部を反りあげる独特の姿勢をとる。この姿勢が英名(Sungazer=太陽を見つめるもの)の由来となっている。危険を感じると、素早く巣穴へ逃げ込む。冬季は巣穴の中でじっとして過ごす。

食性は動物食で、昆虫類、クモ、多足類、小型爬虫類等を食べる。通りかかった獲物を待ち伏せて捕食する。

繁殖形態は卵胎生。隔年で夏から秋にかけて1-2頭の幼体を産む。

人間との関係
開発による生息地の破壊やペット用の採集等により生息数は減少している。

ペットとして飼育されることもあり、日本に輸入されることもある。生息地では厳重に保護されているが、生息地での飼育下繁殖個体が流通することもある。流通は稀で、価格は高価。テラリウムで飼育される。大型種であることに加え、狭い場所だとストレスから拒食することもあるためできれば飼育にあたっては大型のケージを用意する。地面に深い巣穴を掘って生活するため、できればケージ内には黒土等の床材を深く敷く。もしくは隠れ家を用意する。日光浴を行うため、小型の保温用の電球等をケージの中へ照射し、ケージ内の一部だけ他の部分より高温になる場所を作る。また紫外線照射量の多い爬虫類用に市販されているフルスペクトルライトやメタリハライドランプ等の照明器具でケージ内を照射する。水容器は倒されないものを設置し、朝や照明の点灯時にケージの壁面に霧吹きを使い給水する。餌はコオロギやジャイアントミルワーム等をピンセット等で各個体に与えるか、餌容器に入れて与える。餌に対しては事前に野菜等の餌を与えたり、サプリメントを振りかけて栄養価を上げる。

Wikipediaより

Post a comment

Private comment

Profile

Cordylus cataphractus

Author:Cordylus cataphractus
Welcome to FC2

Latest Entries
Category
Monthly Archive
Search Form
RSS
Link
PR