Cordylus cataphractus

アルマジロトカゲ - Cordylus cataphractus

アルマジロトカゲ(Cordylus cataphractus)は、爬虫綱有鱗目ヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属に分類されるトカゲ。

分布
南アフリカ共和国西部固有種

特徴
最大全長21cm。体色は褐色、黄褐色、オレンジ色で暗色の斑紋が入る個体もいる。種小名cataphractusは「武装した」の意で後頭部と体側面には筋状の盛り上がりのある棘状の大型の鱗が並ぶ。また尾には棘状の鱗が環状に並ぶ。

生態
砂漠にある岩場や低木林に生息する。小規模な群れを形成し、岩の隙間等で生活する。外敵に襲われると尾を咥えて体を丸め腹部を守る防御行動を取る。この防御行動がミツオビアルマジロを連想させることが和名や英名の由来と思われる。

食性は動物食で昆虫類、節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵胎生で、体に対して大型の1-2匹の幼体を産む。

人間との関係
ヨロイトカゲの中では知名度の高い種だが、生息数は少なくまた出産数も1-2匹と少ないため生息地では厳重に保護されている。

形態からペットとしてと人気が高く繁殖個体が日本に輸入されることもあるが、流通は非常に稀な上に極めて高価。

Wikipediaより

Post a comment

Private comment

Profile

Cordylus cataphractus

Author:Cordylus cataphractus
Welcome to FC2

Latest Entries
Category
Monthly Archive
Search Form
RSS
Link
PR